未成年の18〜19歳がカードローンでキャッシングは可能?

18歳や19歳でも借入れできる金融業者はあるの?

 

18歳〜19歳の未成年者はカードローンでキャッシングすることは出来るのでしょうか?

 

本来お金を借りる時は、保証人・連帯保証人や担保を必要とします。

 

しかしカードローンの場合はこれらは一切不要で融資を受けることが出来ます。

 

金融機関からすれば多大なリスクを負っているといえるでしょう。

 

では何を担保に貸付をしているのかと言いますとそれは「信頼」です。

 

契約申込者がきちんとお金を返してくれるだろうと信頼した上で融資をしているわけです。

 

 

未成年者は社会的に十分な信用を得ていない言わば未熟者です。

 

未熟ゆえにお金お貸すわけにはいきませんし、また未成年を保護する意味でも借入れが出来ないようになっているのです。

 

仮に契約が出来たとしても本来無効なものですから、親権者である保護者は未成年者の契約取り消しが出来るのです。

 

貸金業者によっては未成年者にも平気で貸付を行うところもあります。

 

しかしこのような業者は決まってヤミ金や違法業者である可能性が高いです。

 

暴力団関係者も多いですから下手すれば犯罪の片棒を担いでしまい警察のお世話になることも考えられます。

 

 

未成年者は基本的に借金の契約は出来ません。

 

仮に働いて収入のある社会人だとしても未成年という理由で申込を断られます。

 

しかし保護者の同意を得ることで利用できるキャッシングやローンもあります。

 

学生専用の学生ローンまたは学生キャッシングと呼ばれるものです。

 

他には世帯収入を合計して両親名義で借りる方法もあります。

 

返済も世帯全員で行いますので、きちんと家族で話し合いをして利用しないと後でこじれる可能性はあります。

 

 

以上のことからも未成年者がお金を借りるのは非常に難しいということがお分かりいただけるかと思います。

 

上述したように、貸し手も借り手も保護するためにカードローンを始めとするローン等の契約は認められていません。

 

お金がどうしても必要でお困りであれば、カードローンでキャッシングするのではなく、まずは親や兄弟に相談してみるのが最善の策ではないでしょうか?